IMG_8601
映画『ミニオンズフィーバー』6回目の感想です。本日2回目。今度は字幕版をTOHOシネマズ新宿で字幕版を観てきました。今回は初めてのプレミアムシートでの鑑賞でした。プレミアムシートの感想もふまえて徒然と。


ミニオン語は全部じゃないけど、一部に字幕がついていて、吹替版とはまた違った目線で観れて面白かったです。個人的にオットーがバイカーに別れを惜しむシーン、吹替版では「あんちゃん」と呼んでいた場面の字幕をつけてほしかったです。なんて言ってるのか聞きづらかったので…。

それぞれのキャラのオリジナルのお声も聞けて感激でした。
グルーさんの声、中の人の年齢からは考えられない少年声でびっくりですが、自然と合っていて、すんなりなじみました。
吹替版の笑福亭鶴瓶氏のだみ声は超個性的でワルを目指す怪盗少年らしいインパクトありますが、字幕版(オリジナル音声)のスティーブ・カレル氏の声は普通の年相応の少年声だったんです。ワルの笑い声はやっぱりちょっとおっさんぽかったんですが、それもまた個性に彩りを添えていました。
ワイルド・ナックルズの渋くてかっこいい声とマスター・チャウのしっとりした声は、吹替版の声のイメージと似ていて、この辺はきちんと選んでキャスティングしたのかなあと(もしくは演じられている方たちの熱演)…。


ミニオンたちのシーンは見るたびに新たな発見があって、毎回「今回はどこを見ようか…」なんて思いながら観てます。特にミニオンたちが大勢いるシーンは見逃せません。
ケビンがオットーにかくれんぼを提案するシーンも、ケビンとオットーを見ているスチュアートとボブもただ見てるだけじゃなくて、さりげなく動きを見せているんですよね。ボブはにっこり笑ったり、スチュアートは肩をすくめたり…。
オットーのはしゃぎぶりやお尻をふりふりさせながら数を数える様子は本当に可愛すぎて、見るたびに感動します…!!




最後にプレミアムシートの感想を。
IMG_8603
すっごくよかったです。映画館公認の一番眺めのいい席で大好きな最高の映画を観る…すごく贅沢な時間でした。
荷物置き場もあるし、足下(手前の椅子の後ろ側)に傘立て?もあって、シートも広々としてて快適でした。
スクリーンもちょうど見やすくて、上映中、画面前を横切る人がいても、プレミアムシートから見ているスクリーンに人が入らない高さなのもよかったです(ただし相当背が高い人は頭がちょっと画面下に入ります)。
上映終了後、席に座った状態で撮ったスクリーンの画像です。
IMG_8608
こんな感じで観ることができました。大好きな映画を観るときに、ちょっと贅沢して最高の映画を最高の席で観るのもいいかもしれないです。




グッズ売場もミニオン専門コーナーが大きくスペースを設けられていて、プライズマシーンも3種類あって、客の財布をロックオンしまくってました(^^;)。グッズ売場の最上段にはフィギュアまで売っていたのですが、かなり大きいフィギュアで、持ち帰るのが大変そうだなあと思ったり。
IMG_8611
IMG_8612
IMG_8613